リハビリテーションと言う名称が一般化した現代
病院で働くスタッフだけが専門的な知識が有れば良い。
その時代はとうに終わりを告げました。
人と関わる仕事全てに医療の知識が求められる時代。
医療の知識を持ち、他者と関わる事が求められる時代。
それは何よりも相手と自分を守る事に繋がります。
内科で働くセラピストが紡ぐお話の中で、何をすべきかを考え学ぶ。
これはセラピスト達と僕達読み手との成長の記録。是非とも皆さまご覧あれ。

※本作品に登場する人物は全てフィクションであり、脚注に登場する内容は一人のセラピストの意見ですのでご了承ください。

〜目次〜
感染

新型コロナウイルスの話 その② 〜その種類と重症化に至る原因〜

コロナウイルスでの感染による重症化は今回は初めてではありません。その種類と条件とは?今回はそんなお話しです。
感染

新型コロナウイルスの話 〜まずは知るべき症状と情報〜

この時世だからこそ、混乱せずに情報を収集しまとめる必要があります。今回からはそんなお話しです。※多くは厚生労働省のHPや公開されている診療の手引きを参考にしています。
総論

幕間の小噺 〜再び踏み出す最初の一歩〜

これは私の物語。先生と共に私は再び臨床の世界に足を踏み入れる。そしてそこは多分に漏れずの最先端。これから再び私の話は前へと進むのだ。
気管支肺炎

気管支肺炎の話 その②  〜呼吸のリハビリで意識するべき大切な事〜

特に呼吸のリハビリでは運動と思われがちですが、それよりも大切な事があります。患っている方もこれを知ることで多少は楽になるかもしれません。今回はこんなお話しです。
気管支肺炎

気管支肺炎の話 その①   〜風邪とは違う重症化にもなる疾患〜

季節の変わり目に注意するべきことに肺炎があります。誰でも起こすこの疾患はどの様なことなのでしょうか。今回はそんなお話しです。
総論

坪井咲夜の暇な時 その⑥ 〜静かな静かな母との再会〜

季節の変わり目は様々なものを運んできます。坪井咲夜にとってはそれは母との再会でした。しかしそれは決して望んだことではなかったのです。今回はこんなお話しです。
褥瘡

床ずれの話 その③ 〜床ずれにならないようにするべき事〜

床ずれにならない様に、そしてもしなってしまったらどの様な治療が必要なのか。今回はそんなお話しです。
褥瘡

床ずれの話 その② 〜寝たきりじゃ無くても起きる床ずれ〜

寝たきりじゃないから、褥瘡のリスクは低い。だしかにそうかもしれませんが、リスクはそれだけではありません。今回はそんなお話しです。
褥瘡

床ずれの話 その①   〜なぜそれは生じるのか〜

在宅における大きな問題点として床ずれというのがあります。それはまた施設でも同様です。その問題点に何が出来るのか?今回からはそんなお話しです。
総論

山吹薫の思い出 その⑥ 〜ICUでのリハビリテーション〜

意外と誰も想像できないICUでのリハビリテーション。その空気を少しでも感じてもらえたら、そしてICUでのリハビリは必要だと言う事。今回はそんなお話しです。
タイトルとURLをコピーしました