リハビリテーションと言う名称が一般化した現代
病院で働くスタッフだけが専門的な知識が有れば良い。
その時代はとうに終わりを告げました。
人と関わる仕事全てに医療の知識が求められる時代。
医療の知識を持ち、他者と関わる事が求められる時代。
それは何よりも相手と自分を守る事に繋がります。
内科で働くセラピストが紡ぐお話の中で、何をすべきかを考え学ぶ。
これはセラピスト達と僕達読み手との成長の記録。是非とも皆さまご覧あれ。

※本作品に登場する人物は全てフィクションであり、脚注に登場する内容は一人のセラピストの意見ですのでご了承ください。

〜目次〜
勉強会

勉強会の話 その②  〜伝わる勉強会にするための方法〜

誰もが経験する勉強会。そのスライドや原稿を作る時にはただ順番に作っても上手く行かないこともあります。ならどうするのか?今回はそんなお話です。
勉強会

勉強会の話 その①  〜まずスライドを作る前に〜

勉強会の主催をするという事は誰でも緊張します。まず何から始めるべきか。それは意外に単純な事です。今回はそんなお話です。
総論

高橋美奈の心の中 その①  〜展覧会の絵-古城−〜

健康教室の終わり、高橋美奈は新しい世代のセラピストを眺めつつかつての自分を振り返ります。そしてその先の話をまた描き続ける事を考えるのでした。今回はそんなお話です。
リハビリ

民間でのリハビリの話 その③  〜リスクのある運動処方について〜

リハビリという名で処方される数多くの運動。そこにはやはり副作用とも呼べるものも少なからず存在します。それらを含めてどうするか。今回はそんなお話です。
リハビリ

民間でのリハビリの話 その② 〜運動と運動処方の違い〜

運動にも原理や原則はあります。その基本を見直しながら改めて運動処方には何が必要かを見つめ直す。今回はそんなお話です。
リハビリ

民間でのリハビリの話 その①  〜運動処方をする前に〜

様々な場所でリハビリという言葉を聞きます。その中で運動を処方される訳ですが、その際にまず私達は何を考えるべきなのか?今回はそんなお話です。
総論

沢尻悠の戯れ言 その②  〜言葉には出せない心の言葉〜

どんなに相手を思っていても言葉には出来ないことはあります。そんな言葉を抱えつつ沢尻悠が後輩達を眺める。そんなお話です。
リハビリ

急性期と回復期のリハビリの話 その③  〜リハビリテーションのリスク〜

まるで万能薬のように言われるようになったリハビリテーション。しかしリハビリをする上でのリスクと必要な事もまた考えなければなりません。今回はそんなお話です。
リハビリ

急性期と回復期のリハビリの話 その②  〜変わりつつあるリハビリの考え方〜

今回は基本的なリハビリを振り返りつつ、その上で普段運動を詳報する上で、処方される上で何を考えるべきか。そんなお話です。
未分類

葉月と咲夜の閲覧履歴 その⑨ 〜理学療法士になる、なったヒトの為のブログ〜

今回のブログ紹介は、あの素敵なイラストや四コマ漫画で有名な、リハペン@rehapen先生のお話から!臨床の中でも癒されながら学びたいそんな人やセライピストを目指す人には必見のブログです!
タイトルとURLをコピーしました