リハビリテーションと言う名称が一般化した現代
病院で働くスタッフだけが専門的な知識が有れば良い。
その時代はとうに終わりを告げました。
人と関わる仕事全てに医療の知識が求められる時代。
医療の知識を持ち、他者と関わる事が求められる時代。
それは何よりも相手と自分を守る事に繋がります。
内科で働くセラピストが紡ぐお話の中で、何をすべきかを考え学ぶ。
これはセラピスト達と僕達読み手との成長の記録。是非とも皆さまご覧あれ。

※本作品に登場する人物は全てフィクションであり、脚注に登場する内容は一人のセラピストの意見ですのでご了承ください。

〜目次〜
心筋梗塞

心筋梗塞の話 その② 〜注意するべきその症状〜 【山吹薫の昔の話】

心筋梗塞の発症を自覚するのは胸痛ですが、それが治ったからと言って油断は出来ません。今回はそんなお話です。
心筋梗塞

心筋梗塞の話 その①  〜死に至るその病態〜 【山吹薫の昔の話】

心筋梗塞とは突然死の原因となる非常に恐ろしい病気です。その疾患とはどの様なものでしょうか?今回からはそんなお話です。
総論

石峰優璃の本の中 その④ 〜装飾される自分の事〜

誰だって自分の事は自分ではよくわからない。それに目を向けるのはいつだって単純な事では無いのだ。
心不全

心不全の話 その⑤ 〜リハビリを行う時に知るべき事〜 【山吹薫の昔の話】

心不全の治療と並行して、どのように運動すると良いのでしょうか。そして何に気をつけるべきか。今回はそんなお話です。
心不全

心不全の話 その④ 〜リハビリを始める時の考え方〜 【山吹薫の昔の話】

心不全の時にどうやってリハビリをスタートするか。その時に重要な考え方があります。今回はそんなお話です。
心不全

心不全の話 その③  〜緩やかに進行する心不全〜 【山吹薫の昔の話】

何も急性に発症するのが心不全ではありません。緩やかに進んでいるものもまたあります。今回はそんなお話です。
心不全

心不全の話 その②  〜症状の発症をどう考えるか〜 【山吹薫の昔の話】

心不全とは非常に広い言葉です。その中でまずは何を考えるのか。今回はそんなお話です。
心不全

心不全の話 その① 〜心臓の負担を考える時に必要な事〜 【山吹薫の昔の話】

心臓の機能が破綻した時に起こる心不全。心臓の負担を考える時に必要な考え方もあります。今回はそんなお話です。
総論

山吹薫の想い出 その⑧ 〜いつもの日々の中で〜

いつもの日常は停滞しながらも続きます。そんな中でどこか、この日々が続かないのでは無いかと、そう思うのでした。
心臓

心臓の話 その④  〜ポンプ機能で目を向ける場所〜

心臓の機能を考える時に重要なことがあります。今回はそんなお話です。
タイトルとURLをコピーしました