リハビリテーションと言う名称が一般化した現代、病院で働くスタッフだけが専門的な知識が有れば良い。
その時代はとうに終わりを告げました。
人と関わる仕事全てに医療の知識が求められる時代。
医療の知識を持ち、他者と関わる事が求められる時代。
それは何よりも相手と自分を守る事に繋がります。
内科で働くセラピストが紡ぐお話の中で、何をすべきかを考え学ぶ。
これはセラピスト達と僕達読み手との成長の記録。是非とも皆さまご覧あれ。
コンセプトPV /OPもこちらから。↓

※本作品に登場する人物は全てフィクションであり、脚注に登場する内容は一人のセラピストの意見ですのでご了承ください。

はじまりの話
呼吸

低酸素の話 その①   〜呼吸を調整する場所〜

酸素が体に回らないと頭も上手く働きません。ならばそもそ酸素を得るための呼吸は、どの様に体の中で調整されているのでしょか?今回からはそんなお話です。
総論

束の間の話 その⑧  〜黄昏時の廊下の上で〜

ある日の黄昏時、いつもの休憩室からの帰り道に白波は見慣れない人影を見つけます。今回はそんなお話です。
Spo2

息切れの話 その④   〜疾患の予兆が生じる時〜

何らかの体の異常は呼吸の数や息切れとして生じる事があります。それは何故で、どういう事で生じるのでしょうか?今回はそんなお話です。
呼吸

息切れの話 その③   〜息切れ以上に怖い状態〜

息が切れるという状態にも様々ありますが、それだけではすまない事があります。今回はそんなお話です。
バイタルサイン

息切れの話 その②   〜息を吸うだけでは無い呼吸〜

呼吸は単に息を吸って吐く。そうだと考えてしまいますが、それだけでは重大な疾患を見逃す事もあります。その基礎はどういうものなのでしょうか?今回はそんなお話です。
呼吸

息切れの話 その①   〜息切れの正常と異常〜 

普段感じる息切れという症状。正常であるならば生理的な反応ですが、もし異常だった場合、そこには恐ろしい疾患が隠れている時があります。まずその異常とは?今回はそんなお話です。
百合リハ

白波百合の心の中 その① ~乙女の祈り~

軽やかな多彩な音色の様に流れる白波百合の心の中は、先輩の心の中を想います。その悩みはきっと自分は分かっている。だけどもどうして良いのか分からない。澄んだ水面の心の中で、そう思うのでした。
山吹薫の想い出

山吹薫の心の中 その① ~エディット・ピアフを讃えて~

悲しげな調べに乗せて、山吹薫は昔の話を思い出します。そしてそこに残る感情もまた浮かび上がるのです。言葉には出来ない心の中の言葉は悲壮携えたまま響くのでした。
総集編

これまでの話 その②  〜昔々に学んだこと〜

内科で働くセラピストの総集編その②!山吹薫の新人の頃に語られる救急科でのリハビリテーション。【これまでの話 その①】の続きよりご覧ください
山吹薫の想い出

山吹薫の想い出 その⑥  〜束の間の賑やかな日〜 【山吹薫の昔の話】

誰にだってある束の間の楽しい日、それはいつまでも記憶に残るものです。良い意味でも悪い意味でもそれはずっと、残り続けるのです。
タイトルとURLをコピーしました