総論

主に話の転換時に使用。

百合リハ

白波百合の心の中 その① ~乙女の祈り~

軽やかな多彩な音色の様に流れる白波百合の心の中は、先輩の心の中を想います。その悩みはきっと自分は分かっている。だけどもどうして良いのか分からない。澄んだ水面の心の中で、そう思うのでした。
山吹薫の想い出

山吹薫の心の中 その① ~エディット・ピアフを讃えて~

悲しげな調べに乗せて、山吹薫は昔の話を思い出します。そしてそこに残る感情もまた浮かび上がるのです。言葉には出来ない心の中の言葉は悲壮携えたまま響くのでした。
山吹薫の想い出

山吹薫の想い出 その⑥  〜束の間の賑やかな日〜 【山吹薫の昔の話】

誰にだってある束の間の楽しい日、それはいつまでも記憶に残るものです。良い意味でも悪い意味でもそれはずっと、残り続けるのです。
山吹リハ

山吹薫のリハビリテーション  〜急性期としての自分の役割〜  【山吹薫の昔の話】

自分のリハビリを振り返った時、それに満足行くかどうかは、やはり患者様の姿であるのです。今回はそんはお話です。
山吹リハ

山吹薫のリハビリテーション その②  〜離床が進んだその先に〜【山吹薫の昔の話】

リハビリテーションの結果を見て、それが良いのか、更に良い方法があるのではないか。そんな事はいつでも悩むものなのです。今回はそんなお話です。
山吹薫の昔の話

石峰優璃の本の中 その③  〜ヒトに興味を持つと言う事〜 【山吹薫の昔の話】

ある日の休日に思うのはヒトについての事。石峰はいつしか新人の事を考えていることに気がつきます。そして何故興味があるのか。そんな事を考えるのでした。今回はそんなお話です。
山吹薫の想い出

山吹薫の想い出 その⑤  〜セラピストを選んだ意思〜 【山吹薫の昔の話】

誰しもその道を選んだ理由という物があります。山吹薫がなぜセラピストを目指したのか。今回はそんなお話です。
山吹薫の想い出

山吹薫の想い出 その④ 〜指導者との距離感〜 【山吹薫の昔の話】

相手との距離が近くなると、見えるものも変わってきて困惑してしまう物です。それでもその距離感を測りながら山吹薫は休日を過ごすのでした。
山吹薫の想い出

石峰優璃の本の中 その②  〜ヒトとしての自分とは何か〜

何もない休日にふと立ち止まって自分を眺める時、ヒトとしての自分とは何かを振り返れます。しかしそれは自分では案外分かりにくい物なのです。今回はそんなお話です。
山吹薫の想い出

山吹薫の思い出 その③  〜誰かの元で学ぶという事〜 【山吹薫の昔の話】

内海青葉に聞いた昔話。それは一人の人生の一端。何故そんな事を聞きたくなったのか不思議に思いながら、山吹薫は耳を傾けるのでした。
タイトルとURLをコピーしました