総論

主に話の転換時に使用。

総論

山吹薫の独り言 その⑤  〜ふとした時に浮かぶ思い出〜

桜井玲奈との邂逅で、山吹薫は少し昔の事を思い出します。今までは口に出す事の無かった淡い思い出。そこには白波百合の姿もまた有るのでした。今回はそんなお話です。
総論

白波百合の頭の中 その⑤ 〜初めましてより少し前〜

それは初めての話よりも少し前の話。初めて白波百合が山吹薫と出会った時のお話。そんな事もあったっすね。白波は山吹薫の隣でそんな事を考えるのでした。
総論

坪井咲夜の暇な時 その⑤   〜人の間に流れる透明な空気〜

目には見えない変化ではあってもそれは確かに存在します。それを眺めているのもまた楽しい事ですが、気に病む事も多いのです。今回は坪井咲夜のそんなお話です。
総論

桜井玲奈の歌の譜 その①  〜言葉には出来ない思い出〜

桜井玲奈は念願のあの休憩室へと行けた思い出に胸を膨らます。そしてそれは昔の山吹薫や白波百合との思い出もまた言葉に成らないままに胸中で漂う事になりました。
山吹薫の昔の話

進藤守の心の中 その① 〜ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番〜

想い出というのは誰の心の中にでもあるもの。そして仕舞われたその扉を開く方法もまた人それぞれの方法があるもの。進藤守は語るのは苦手だ。なぜなら・・・今回はそんなお話です。
総論

束の間の話 その⑧  〜黄昏時の廊下の上で〜

ある日の黄昏時、いつもの休憩室からの帰り道に白波は見慣れない人影を見つけます。今回はそんなお話です。
百合リハ

白波百合の心の中 その① ~乙女の祈り~

軽やかな多彩な音色の様に流れる白波百合の心の中は、先輩の心の中を想います。その悩みはきっと自分は分かっている。だけどもどうして良いのか分からない。澄んだ水面の心の中で、そう思うのでした。
山吹薫の想い出

山吹薫の心の中 その① ~エディット・ピアフを讃えて~

悲しげな調べに乗せて、山吹薫は昔の話を思い出します。そしてそこに残る感情もまた浮かび上がるのです。言葉には出来ない心の中の言葉は悲壮携えたまま響くのでした。
山吹薫の想い出

山吹薫の想い出 その⑥  〜束の間の賑やかな日〜 【山吹薫の昔の話】

誰にだってある束の間の楽しい日、それはいつまでも記憶に残るものです。良い意味でも悪い意味でもそれはずっと、残り続けるのです。
山吹リハ

山吹薫のリハビリテーション  〜急性期としての自分の役割〜  【山吹薫の昔の話】

自分のリハビリを振り返った時、それに満足行くかどうかは、やはり患者様の姿であるのです。今回はそんはお話です。
タイトルとURLをコピーしました