血液凝固系

山吹薫の昔の話

血管の話 その③ 〜血管が患う事で起きる障害〜 【山吹薫の昔の話】

血管は体を巡りそれぞれの臓器の代謝に関わる身近で重要なものです。しかしそれが患うということはどう言う事なのでしょうか?今回はそんなお話です。
浮腫

炎症の話 その② 〜傷がなぜ腫れたり熱を持つのか〜

傷を負うとその場所が腫れたり、熱を持ち痛みを伴います。しかしそれはどう言った理由でそうなるのでしょう?今回はそんなお話です。
廃用症候群

廃用症候群の話 その② 〜筋力低下より恐ろしい寝たきりの危険〜

寝たきりになってしまえば、筋力が落ちてしまい動けなくなる。誰もが知っている事です。だけども実はそれ以外にも恐ろしい事もあります。今回はそんなお話です。
廃用症候群

廃用症候群の話 その① 〜寝たきりになると言う事は?〜

寝たきり。それは何は避けられない事ですが、出来るだけ避けたい事でもあります。そしてそれで起こる身体の変調は『廃用症候群』と呼ばれます。果たして寝たきりになる事で身体ではどのような変化が起こるのでしょうか?今回はそのお話の導入です。
意識障害

意識障害の話 その② 〜意識障害の原因とその観察と分析〜

意識の障害。それは見逃して良いものではありません。何が原因でも早期の発見が予後を大きく分けます。今回はその発見の方法と何を考えるべきなのか。そんなお話です。
アルブミン

生化学検査の話 その② 〜検査の値を考えながら観るという事〜

目の前に並ぶ検査データを実際どのように考えながら観るのでしょうか?今まで学んできた事を改めて見直します。生化学検査編の一旦の総集編。今回はそんなお話です。
総論

束の間の話 その③ 〜回復期での急性期:山吹薫の場合〜

例えば全てのセラピストが急性期のリハビリテーションが行う事は出来ないとして、それを出来るようになろうと努力するという事は回復期病棟でも他の分野でもきっと必要な事だろうと思います。今回はそんな話です。
総論

束の間の話 その③ 〜回復期での急性期:白波百合の場合〜

回復期病棟だからと言って全ての患者様が回復に向かうものではなく、その反面に状態を落とされる患者様を見ることがあります。その時にセラピストが何を考え、何をすべきなのか。今回はそんなお話です。
生化学検査

血液凝固系の話 その③ 〜治療後の生活で新しく血栓が生じる理由〜

自宅でも入院中だとしても合併症や新規疾病のリスクはいつでもあります。その一つが血栓に伴う合併症です。重篤な症状は引き起こす状態はどのように生じるのでしょうか?実際に起きてしまった事を思い出しながら山吹薫は語ります。今回はそんなお話です。
生化学検査

血液凝固系の話 その② 〜血液をサラサラに保つ理由とそのリスク〜

血液凝固に関する薬を飲む人は多数です。なぜ飲むのか?その薬効は何を見て確認するのか?そしてただ薬を飲んでいれば重篤な合併症を防ぐことが出来るのか?今回はそんなお話です。
タイトルとURLをコピーしました