【山吹薫の昔の話】全人的苦痛の話 ④ 〜絡み合う苦痛の要因〜

全人的苦痛

【告知】

—note創作大賞応募作品。表題左下のハートマークをぜひチェック!現在無料公開中!-

「君たちの言う正常で正しい動作は私にとっては呪いの言葉でしかないんだ!」

僕と彼女は、人生における転倒から立ち上がれず暗く正常からは逸脱した場所で再び出会った。

現職の理学療法士が記す本格リハビリテーション小説。

『坂道と転び方』 -1- 世界から逸脱した暗い部屋 (1/4章) / 小説 【#創作大賞2024】|tanakan/理学療法士×作家/新作『坂道と転び方』無料公開中!
【あらすじ】  幼馴染である僕たちが育った街は坂道が支配している。僕と彼女を閉じ込める暗い場所もまた勾配の急な坂道の中腹にあった。 「君たちの言う正常で正しい動作は私にとっては呪いの言葉でしかないんだ! 正常から逸脱した私はもう普通じゃない。私はもう普通に生きることはできない! それに・・・歩かないでいるうちにこんなに...

人にまつわる苦痛の話。四つの要因を話し終わると石峰優璃は言葉を結ぶ。山吹薫は一呼吸をおいて口を開いた。

山吹 薫
山吹 薫

身体的な苦痛、そして精神的な苦痛について聞きました。そして社会的な苦痛スピリチュアルな苦痛・・・人は多くの苦痛に悩まされるのですね。

石峰 優璃
石峰 優璃

きっと私たちの目の前にいる患者だけではなく、疾患の有無に関わらず苦痛というのは日頃から、私たちと一緒にあるのだろうな。考えが及ばないだけできっと、言葉にして仕舞えばこんなにも多い。

山吹 薫
山吹 薫

そしてそれらは独立しているわけではなく、互いに影響しあっているのですね。

もちろんだよ。と石峰はこぼれ落ちた雫のような笑みをと一緒に言った。言葉は儚く朝日の中に消えていく。リハビリ室の外が騒がしく救急患者の訪れを知らせるサイレンの音が響いた。いつも通りの朝は近づいている。

石峰 優璃
石峰 優璃

終末期による要因であるけれど、身体的な苦痛によって不安や苛立ちといった精神的な苦痛が引き起こされる。そして疾患を患うことで社会的な役割も変化してしまう。

山吹 薫
山吹 薫

当然、経済的な問題も生じますし、きっと変化した自分と他人の関係性からも社会的な苦痛が生じますね。そしてさらに精神的に苦痛を味わい、精神的な苦痛から身体的な苦痛も増幅してしまう。

石峰 優璃
石峰 優璃

よってこう思ってしまうのだ。「このまま生きていてもいいのだろうか?」「果たして自分の人生に意味はあったのだろうか」スピリチュアルな苦痛ということだな。知っていてもわからないことは多かったよ。

思い出をなぞるような口振りに、苛立つと山吹は思う。主任にとっては僕との日々はすでに思い出の中へと足を踏み入れているのが嫌だった。

山吹 薫
山吹 薫

それでも、僕たちのかかわりで身体的な苦痛が緩和されたのなら、きっと精神的な苦痛も緩和するのではないでしょうか?。

石峰 優璃
石峰 優璃

正しくはあるが正解ではないね。身体的な苦痛が緩和されたとしても、精神的な苦痛は残る。思い出と一緒に。

山吹 薫
山吹 薫

それでもマシになるでしょう?社会的な苦痛も資源の利用や必要な行政のサービスなどの提案でマシになるかもしれない。何よりも変化しながらでも生きようと思えるなら、スピリチュアルな苦痛の部分も、マシになるのかもしれない。

石峰 優璃
石峰 優璃

つまりは相手が何に苦痛を最も感じているのか。そこが起因となって苦痛は複雑に絡み合うのかもしれないな。ただ寄り添うだけでも、寄り添ってもらえるだけでも苦痛はずいぶんと楽になるものだよ。

主任もですか。と山吹が尋ねると、あぁ私もだよ。と石峰は答える。主任!と言葉を続けようと口を開くと、リハビリ室の入り口が開いた。

内海 青葉
内海 青葉

おはよー。今日も朝からえらいねぇ。

岩水 静
岩水 静

ヌハハ。自己研鑽に弛まぬ精神はよし。しかし無理はするなよ。我々の仕事はこれから始まるのだ。

高橋 美奈
高橋 美奈

うるさいなぁ。それはそうと優璃。新患さんが来ているみたい。カルテ見ようか。

そうだな。と石峰の表情から笑みが消える。触れようとした手を山吹はそっと下ろした。いつものような朝が始まり、そしていつもとは違う形で終わる。

終わってしまうのだと、確証はなくとも確信していた。

山吹薫の覚書116

・苦痛の要因は互いに影響しあって存在している。

・要因に目を向けつつケアを行うことで、絡まり合った苦痛の要因が解ける。

・主任はいなくなるのだろう。寄り添うだけしかできない僕を残して。

【〜目次〜】

『内科で働くセラピストのお話も随分と進んできました。今まで此処でどんなことを学び、どんな事を感じ、そしてどんなお話を紡いできたのか。本編を更に楽しむためにどうぞ。

【告知】

【心揺さぶるストーリー!理学療法士×作家のタナカンによる作品集!】

小説の中では様々な背景や状況、そして異なる世界で生きる人々の物語が織りなされます。その中には、困難に立ち向かいながらも成長し、希望を見出す姿があります。また、人々の絆や優しさに触れ、心温まるエピソードも満載です!

心揺さぶるストーリー!理学療法士×作家のタナカンによる小説!|tanakan
 感動と感慨が交差する物語の世界へようこそ。理学療法士で作家のタナカンが贈る心揺さぶる小説の作品集を公開します。  私は理学療法士としての経験と知識を糧に、日々の出来事や人々との触れ合いから生まれる命なストーリーを創り出してきました。その筆致は繊細かつ力強く、登場人物たちの心情や葛藤を鮮やかに描き出します。  小説の中...

【告知】

発売日から即完売の今話題のこの作品!現職の理学療法士が記す本格リハビリテーション小説『看取りのセラピスト』。

Amazonから『看取りのセラピスト』で検索をぜひよろしくお願い致します。こちらからもどうぞ。

【看取りのセラピスト/ティザーPV第二弾】

コメント

タイトルとURLをコピーしました