転職を有利に進める方法!〜PTOT人材バンクを利用して〜

ブログ紹介
陸川 空斗
陸川 空斗

ふーむ・・・・

西園 響
西園 響

どうしたの?学校を卒業して久しぶりに会ったと思ったら、珍しくそんなしかめっ面をして・・・何か悩み事?

陸川 空斗
陸川 空斗

僕にだって悩み事はあるよ!実は引っ越すことになって転職を考えていててね。いろんな病院の求人情報を見ていてもなんだかピンとこなくてさ・・・だけど早く新しい場所も見つけないと・・・

西園 響
西園 響

ふーん。まぁ世代によっては誰でも抱える悩みよね。でもその君の悩みは結構簡単に解決できるかも!このPTOT人材バンクで探して貰えば良いでしょ?

陸川 空斗
陸川 空斗

うーん。だって僕らの業界では自分の足で就職先を探すのが当たり前だろ?使ったことがないから不安でさ。

西園 響
西園 響

それは大丈夫。だって私もそのサイトを使って転職したんだから。だから見てわかるように毎日楽しそうでしょう?

陸川 空斗
陸川 空斗

確かに昔より明るくはなったよね。でも・・・やっぱり不安だよ。

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の業界では自分で病院の求人情報を探し、自分で交渉するのが当たり前です。しかしそれは多くの時間がかかり、そして病院の見学を行ったからといって、そこが自分の求める職場なのかどうかは働いてみるまでわかりません。そんな時には思い切ってPTOT人材バンクを試してみると良いかもしれません!

きっと悩めるアナタにぴったりな職場が見つかるはずです。ではそれが実際はどんな感じなのかを二人と一緒に見てみましょう。

この記事でわかること!

✅ 転職までの流れは具体的にどう進むの?

✅ 求人情報をどうやって見つけることができるの?

✅ 実際にサービスを利用して・・・

転職までの流れは具体的にどう進む

陸川 空斗
陸川 空斗

早速なんだけど具体的にどうやったらいいんだ?簡単に求人情報が見れるとかそんな感じかな?

西園 響
西園 響

なんだかなんだ言いながらノリノリじゃん。使い方はすっごく簡単なんだから。まずはPTOT人材バンクのリンクやサイトから登録を済ませるの。はい!これで終了!

陸川 空斗
陸川 空斗

随分と簡単じゃない!?なんか他にもやることがあるんじゃないの?

西園 響
西園 響

ううん。それだけ。そこからはすぐにキャリアパートナーさんが連絡をくれるんだよ!そこで色々自分の希望をお話するとすぐにたくさん求人情報を集めてきてくれるの!

陸川 空斗
陸川 空斗

確かにそれは嬉しいけれど自分で見つけるのと大して変わらないような・・・

西園 響
西園 響

君が考えているのは、目に見える求人情報のことだけでしょう?でもこのPTOT人材バンクのキャリアパートナーがサポートしてくれるのは、例えばキャリアアップ、ワークライフバランスの充実以外にも給与交渉や労働条件、ダブルワークが可能かどうか?といった細かい部分へのサポートや交渉も行ってくれるの!それで理学療法士でありながら作家として活動している人もいるんだから。

陸川 空斗
陸川 空斗

なんだかその人知っているような・・・それは多分個人で交渉するよりもずっと望んだ条件で働けそうだね!

働きながら自分の転職活動を進めるためのマネージメントには本当に大変なものです。その点をしっかりとフォローをしてもらいながら、余裕を持って転職活動を進めることができるのは時間的なメリットが本当に大きなものです。

西園 響
西園 響

そして気になる求人情報が見つかったら、キャリアパートナーさんがすぐに見学や面接の都合の良い日程を調整してくれるよ。これが本当に私たちにとっては助かる!忙しい業務の合間を縫って自分で交渉するのはすごくストレスがあるし、それで転職のチャンスを逃してしまう人もいると思うの。

陸川 空斗
陸川 空斗

ふむふむ。それは本当にありがたい!就職や転職は働いているとそこが本当に大変だと思うから、その点をサポートしてくれるのは本当に助かる!

西園 響
西園 響

しかもそれだけじゃなくて、書類選考や面接に向けての準備を優しくサポートしてくれたり不安な面接の練習も手伝ってくれちゃう!

陸川 空斗
陸川 空斗

あー。面接かぁ・・・苦手なんだよなぁ。それに新卒で就職する時とある程度キャリアを積んだ上での面接は求められることは違うし、何より病院によって求められることも違うから確かにそれは転職に有利だね。

西園 響
西園 響

そして入職が決まったとしてもその後にある書類のやりとりといった入職前後で必要な手続きも手伝ってくれる!

陸川 空斗
陸川 空斗

本当に何から何まで・・・実質自分で動くことは本当に少なくなりそうだ!

PTOT人材バンクでは本当に何から何までサポートしていただけます。筆者も作家としてデビューする際に、ダブルワークを認めてくれる病院はないだろうとダメ元で頼んでみたらあっさりとそれを認めてくれる素敵な病院をいくつも選んでいただけました。本当に感謝の言葉しかありません。

求人情報はどうやって見つけることができるの?

陸川 空斗
陸川 空斗

なんだか登録からの流れを教えてもらって、だいぶん気が楽になったよー。でもほら自分でも目標とするキャリアがあってそう言った環境を調べたいからさ、そう言ったこともできるの?

西園 響
西園 響

もちろんだよー。サイト内には実際の事業所や病院、給与や福利厚生と言ったさまざまな条件で求人を検索できるんだよ。それにね・・・びっくりすることに非公開求人はもちろんのこと、募集が行われていない施設へのアプローチなんかも行なってくれるんだよ!

陸川 空斗
陸川 空斗

募集が行われていない施設まで!?それはちょっとびっくりだよ。でも自分がそこで働きたい!と思っていてもまだ募集が行われていない場合もあるからね、そこに自分で交渉するのはなかなか大変だし・・・そこまでしてくれるなんて!

西園 響
西園 響

でしょう?それに次に働きたい場所が遠方にあってなかなか見学に行けない・・・そんな時にもWeb上で職場見学ができたりするの!実際の病院の紹介ページがあってそこからどんな病院かを知ることができるんだよね!

陸川 空斗
陸川 空斗

なんだか僕が初めて就職した時とは随分と時代が変わって来てるんだなぁ。その時はほら学生だったからさ紹介されるままに就職・・・みたいな感じだったけどいろんな人のサポートや助言を受けながら就職、転職できるなんて楽だし、何よりも安心ができるよ。

西園 響
西園 響

でしょ?それができるのがこのPTOT人材バンクさんのすごいところだよね!

求人情報を探すということは本当に大変なことです。インターネットで検索して自分でやりとりしても、実際には募集していなかったり、思うような職場ではなかったりと、がっかりすることもあります。なのでこのPTOT人材バンクさんと一緒に探すということは自分の臨む職場を効率的に、確実に見つける上でも本当にメリットが大きいと思います。

実際にサービスを利用して・・・

陸川 空斗
陸川 空斗

いやぁ今日は本当にありがとう。でも実際使ってみてどうだったの?

西園 響
西園 響

うね。正直なところ想像以上にキャリアパートナーさんが優しくて、それにすっごく熱心だったことが一番印象的だったかな。私の話もよく聞いてくれて、だいぶん欲張っちゃったけど、それでもその要件で、可能な限り私の働きやすい職場を見つけてくれたんだよ!

陸川 空斗
陸川 空斗

へぇ!それは嬉しいね!転職と言っても漠然としかイメージが浮かばない時があるし、何よりも転職活動中は孤独だからさ。職場で簡単に相談できる話題でもないし、そうやって話を聞いてくれるだけでも嬉しいね!

西園 響
西園 響

そうそう。自分一人だったら絶対転職をずっと先延ばしにしちゃったけど、自分を引っ張ってくれるパートナーの存在は本当に嬉しかったよ!だからとりあえず話だけでも聞いてみたら?

陸川 空斗
陸川 空斗

そうだな。新しいことに挑戦するのはやっぱり気後れするけれど、とりあえずお話だけでも聞いてもらうかな。

西園 響
西園 響

私というお手本もいるしね。

陸川 空斗
陸川 空斗

そうだったね!やっぱり持つべきものは友達だね!

転職だけではなく新しいことにチャレンジするということは新しい自分に出会うことでもあります。それは正直なところ大変なことで自分一人ではどうにもならないこともたくさんあります。だからこそプロに相談して共に新しい挑戦に向けて、パートナーと一緒に考えてみる。そうやって漠然としていた自分の本当の心に気がつくのかもしれません。

これを見ているあなたもお話だけでも、新しい自分と出会うためにやってみるのも良いかもしれませんね。

今回お世話になりました【PTOT人材バンク】様のサイトはこちら↓

PTOT人材バンク~PTOTST専門のキャリアパートナーがあなたの転職をしっかりサポート。~
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職なら業界最大級の紹介実績を誇るPTOT人材バンク。公開求人だけで36856件の求人を掲載中。業界を知り尽くしたキャリアパートナーが、公開求人はもちろん非公開求人や新たな求人を開拓し、あなたにマッチした求人をお届けします。

現職の理学療法士が記す本格リハビリテーション小説『看取りのセラピスト』はこちら↓

https://www.amazon.co.jp/dp/4910692428/ref=cm_sw_r_tw_dp_91J44QBAM5HYCH6GCZJ8 @amazonJP

【看取りのセラピスト/ティザーPV第五弾】

今回イラストを使用させていただいた理学療法士でイラストレーターでもあるリハペンさんのサイトはこちらから↓

https://rehapen.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました