喘息の話 その③   〜呼吸を楽にするために出来る事〜

喘息

沢尻悠は正面に座る白波百合と桜井玲奈を見比べて、対照的だけど二人ともかわいいなぁーと頬を緩ませる。

桜井 玲奈
桜井 玲奈

何頬を緩ませておられるの?お話を続きを!

白波 百合
白波 百合

そうっす!それで自分達は何ができるんすか?

手厳しいなぁと沢尻は手をヒラヒラと振ってみせる。玲奈ちゃんが自分のプリセプティになって随分としっかりしたと思う。おかげで最近はちょっと厳しいくらいだ。

沢尻 悠
沢尻 悠

まぁこれはオレの方法だけど、オレらがやるのは、もちろん問診だね。どれだけの期間で、頻度で、強さといった発作の情報を聞くのと、自宅でどれだけ動けていたって事もちゃんと聞く。お風呂に入れていたか、階段や屋外で歩けていたかっていった感じかな?息切れの評価と同じようにやったりするよ。

桜井 玲奈
桜井 玲奈

確かに最初はもちろんそれですわね。患者様がご自身の体の事をどれだけ理解されているか。は重要な所見ですわ。

白波 百合
白波 百合

それにそこからのリハビリが体の負担にならないように出来るっす!

沢尻 悠
沢尻 悠

そうだねー。喘息の人へのリハビリは、治療と並行してもちろん症状緩和のために行うけど、実際はその発作のせいで制限された日常生活に対しての介入が必要だからねー。喘息の症状が緩和出来ても、家で前のように動けないようじゃ患者様も辛いからね。

ふむふむ。と二人はしっかりとそれをメモにとる。対照的だけどどこか似ているなぁ。とも沢尻は思う。

沢尻 悠
沢尻 悠

そしてまずは呼吸指導を行うねー。徒手でどうこうするよりも、生活指導は超重要だとオレは思うねー!早期でかつ長期的に効果が発揮できるからねー。こちらの方がオレはおすすめかなー。

桜井 玲奈
桜井 玲奈

ふむふむ。喘息の時には気管が狭まりますし、息を吸う事よりも吐く事が難しくなりますわね。という事は『口すぼめ呼吸』の指導が必要ですわね。

白波 百合
白波 百合

そうっすね。遠くのろうそくを吹き消すようにふぅー。と息を吐いて、しっかりと息を吐き切れたら酸素も吸いやすくなるっす!

沢尻 悠
沢尻 悠

そうだねー。だいたい呼吸は吸うのが1、に対して吐くのが3くらいのテンポかな?これは自分の中でカウントしながら、座って楽な姿勢でやるとやりやすいねー

武井は最初の頃からよく勉強していてプリセプターとしては然程苦労はしなかったけど、ちょっと固すぎるんだよねぇ。と沢尻は思う。

沢尻 悠
沢尻 悠

そして腹式呼吸だねー。こう仰向けになったり座っててもお腹に手を当てながらゆっくりと呼吸をする。イメージをつけるために鼻から息を吸うのも良いけど、練習中に息が苦しくなったら中断するように教えてね。

桜井 玲奈
桜井 玲奈

練習中に息が苦しくなったらしょうがないですものね。他にも生活環境を整える事も必要ですわ。良い食事、良い睡眠。そしてお部屋の掃除もしっかりと行わなければなりません。そしてどんな時に発作が起きるのか、それを詳しくメモしておく事も後々、病院を受診した時に主治医の先生も治療の方針が決めやすいのですわ。そして白波さんには関係なさそうですが、ストレスを溜めない事も必要ですわ。

白波 百合
白波 百合

なんか先輩みたいな事を言うっすねぇ。他にもやっぱり定期的な運動は必要っす!お話が出来るくらいのペースでの有酸素運動で体力を付ければ、日常生活上で息が切れる頻度も減るはずっす!もちろん主治医の先生や担当のリハビリの人、看護師さんとちゃんと相談してからっすね!

沢尻 悠
沢尻 悠

そしてオレらもちゃんとその人の経過を聞いておかなければならないよ。その当事者が軽度だと感じていて、喘息では無いと思っていても、他覚的な所見では喘息だったって事も多いから、特に入院時の問診でしっかりと意識して聞いておかないとね。

武井はなんでも一人でこなせてしまう。そしてそれを実行できる能力もある。だけどもそれだけでは心配だなぁと沢尻は思う。薫さんとは違った意味で。

沢尻 悠
沢尻 悠

そして忘れてはいけないのが『喘息重責』という状態だね。これは薫さんから聞いた話だけど、喘息の大発作が24時間以上持続する状態で、それで呼吸停止や死亡に至るものを劇症発作と呼ぶ。これは生命に関わる状態だから本当に恐ろしいんだって。

桜井 玲奈
桜井 玲奈

話せない程の喘息がずっと続くって考えただけで恐ろしいですわ。

白波 百合
白波 百合

自分達もこれは知っておかないと、その場でおろおろしてしまいそうっす。

沢尻 悠
沢尻 悠

こういう状態になったら人工呼吸器での呼吸管理やステロイドなどによる全身への治療、そして心臓にも影響を当たるから循環の管理、いろいろな治療と並行してリハビリが進むんだって。凄いよねー。

桜井は両手を胸に当ててどこかに視線を飛ばしている。この子の表情はここに来て初めて見たなぁ。と沢尻は目を細める。

沢尻 悠
沢尻 悠

薫さんと進藤さんは救急病院のセラピストだからICUでのリハビリも慣れているだろうけど、オレじゃ考え付かないなー。

白波 百合
白波 百合

そうっすよねぇ。この一般病床や回復期でも忙しいのに、でも先輩は嬉々として働いていそうっすよね。

桜井 玲奈
桜井 玲奈

・・・

相変わらず桜井は何処かへ視線を飛ばしている。それを見て二人は首を傾げた。しかしすっかり此処に馴染んだからちょっと沢尻は胸を撫で下ろす。これも百合ちゃんの力かなぁと思う。

桜井 玲奈
桜井 玲奈

あら私とした事が・・・しかし良いお勉強になりましたわ!また伺いますわ。

白波 百合
白波 百合

こちらこそお友達が増えて嬉しいっす!

和らいだ空気の中、休憩室のドアが開き用事を済ませた山吹薫が顔を出す

山吹 薫
山吹 薫

なんだ。もう講義は終わりか?

沢尻 悠
沢尻 悠

なんだとは失礼だなー。結構これでもお話ししたんだよー?

桜井 玲奈
桜井 玲奈

・・・・

白波 百合
白波 百合

玲奈ちゃん。またどうしたんすか?

両手を膝下に当てて小さくなった桜井を見て白波は首を傾げる。山吹は意にも返さずに大丈夫かと声をかけ、桜井は首を必死に左右へ降る。その一連の仕草を見て、なんだそういう事か・・・と沢尻は体をデスクに沈めた。

白波百合のノート 83

・喘息の人のリハビリはしっかりと細かな情報収集が必要。そして治療に並行して自宅での生活を楽にするような呼吸指導や生活指導を行う。

・喘息の重積発作は本当に恐ろしい。日々の喘息の経過はしっかりと記録する。←主治医も治療戦略を立てやすい。

・玲奈ちゃんはちょっと変わった素敵な子っす!

【これまでのあらすじ】

『内科で働くセラピストのお話も随分と進んできました。今まで此処でどんなことを学び、どんな事を感じ、そしてどんなお話を紡いできたのか。本編を更に楽しむためにどうぞ。

【これまでの話 その①】

【これまでの話 その② 〜山吹薫の昔の話編〜】

tanakanの他の作品はこちらから

tanakannaika|note
理学療法士でパーソナルトレーナーなブロガーです。また動画編集や過去には脚本執筆や演出、撮影、編集など多岐に渡って活動しておりました。楽しみながら学べる『内科で働くセラピストの話』を執筆中。

【廻り巡る】一人目の告白はこちらから

一人目 ある男の友人の独白。|tanakannaika|note
「えぇ。今回の事件ですね。わかっていましたとも。 いずれは私が呼ばれる事になるだろうと。 そして彼について話さなければならないだろう事も。 いやいや・・・・全くもって迷惑ではございません。 それどころか何時かは私が語らねばならないと思っておりましたから。 彼の名誉のために。 まずは言及させて頂きますが、が世間様のおっ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました