栄養管理の話 その② 〜高齢者での適切なエネルギー量と問題〜

栄養

ふぅーむ。と何かのストレッチなのか体を捻る内海青葉を白波百合はその動きを観察する。その動きはどこに対してのストレッチなのか、その動作を分析してみる。それを察してか山吹薫はため息を吐いた。

山吹 薫
山吹 薫

その動きには意味はないよ。観察しなくてもよろしい。

内海 青葉
内海 青葉

あははー。昔の主任ちゃん見たいでおもしろーいなー。なら話の続きね。ボク達は栄養障害自体ではなくて、それに至った経緯に対してアプローチしなければならないの。ならそもそもどれだけのエネルギーが必要なのかなー?まもるんどうぞ。

進藤 守
進藤 守

俺の事は進藤さんで大丈夫です。そうですね。BEE、基礎エネルギー量、基礎代謝量ですかね。それに活動係数とストレス係数を乗じて算出します。まぁ1日に必要な基礎的なエネルギーと、日々の活動によって増減する係数と疾患を患っていたらその係数も加えるって事ですね。

白波 百合
白波 百合

ふむふむ。基礎代謝だけで計算するって訳でもないっすよね、基礎代謝は普段に消費される量っすけど、自分らは活動するし、入院中の患者様は体を治すためにエネルギーを使うっすから!

昔の主任ちゃん。その言葉に山吹が体を固めるのを感じた。白波にもその言葉は言葉にならない感情を胸の底の水面を揺らす。進藤守もまた腕を組んだ。内海は表情を変えずに口を再び開く。

内海 青葉
内海 青葉

複雑な伝統的な式もあるけれど、簡略的な式には体重×25-30が必要な基礎代謝量とも言われるねー。それじゃぁ後輩ちゃん。体重60キロの人が普段通りの生活をしている。そして症状は何もないって人のカロリーはどれくらい必要なんでしょーか?活動係数は1,5、ストレス係数は0で計算してみよー

白波 百合
白波 百合

うっ計算問題は苦手っす。えぇと体重×30で計算するっすね。えぇと60に30を乗じて1800・・・それに活動係数の1.5を乗じて・・・2700キロカロリーっす!以外と多いっすね!という事はラーメンを1日3杯食べても大丈夫って事っすか?

山吹 薫
山吹 薫

栄養が偏り過ぎるだろう。バランスの取れた食事を日常生活を営むレベルでそれだけ摂取するって事だ・・・そうけどそう考えてみると確かに・・・

進藤 守
進藤 守

そうだな。確かに思っているよりも沢山のエネルギーが必要だという事だな。これは高齢でなくても俺も足りてないだろうな。そして毎日これだけ食べるように言われると無理かもしれない。

ふふーんと内海は厚く丸いメガネの奥で笑みを浮かべるのを白波は感じた。その奥の意図はまるで読めず、何かを試しているかのようだ。

内海 青葉
内海 青葉

確かにこれだけのカロリーを摂るのは大変だねー。そして体重を1キロ増やすのには7000キロカロリー程度必要だから。今算出した2700という数字に更にカロリーを足さないと太れないねー。仮に1日3000キロカロリーを摂取したとして、余剰分300キロカロリーを日々足して、体重が1キロ増えるには一ヶ月弱掛かるねー。

山吹 薫
山吹 薫

しかしその体重×25-30という算出方法は外国の人の研究結果ですよね?日本人なら体重×20-25という数字が適切だという文献も読んだ事があります。・・・それでも少し多く感じてしまいますが。

進藤 守
進藤 守

それにもし嚥下障害、嚥下する筋肉にサルコペニアを呈していたら、柔らかい水分を多く含む食事を取らなければいけない。容量だけ考えると更に増えるだろう。

白波 百合
白波 百合

うぅ・・考えただけでお腹いっぱいっす!でも本当に元気なおじいちゃん、おばあちゃんはそれだけ毎日食べているんすか?確かにそういう人はいると思うっすけど、健康で暮らす高齢者全員とは思えないっす。

ふふーん。と内海はメガネの端に触れて視界を整える。その視線の向こうには自分がいるっすねと白波は目を逸らす。でも学校の授業とは違う感じがして、楽しいとも思う。

内海 青葉
内海 青葉

そうだよねー。とっても大変!簡単に言うと成人男性と同じくらいのカロリーを摂取して、同じくらいの活動が求められるねー。もちろんそれに越した事はないけどねー。

進藤 守
進藤 守

それにそれだけ多くの食事をいっぺんに提供すると、既にサルコペニアやフレイルを呈している方だと、無理に食べようとすると全員では無いですが、誤嚥性肺炎のリスクも高まるような気がします。

山吹 薫
山吹 薫

それにいきなりそれだけの活動を求めるのもどうだ?転倒のリスクも高まるだろう?それに基礎疾患もあるだろうし、カロリーを単純に上げるのならば脂質もまた必要だ。高血圧や高脂血症もまた罹患している可能性も高い。

白波 百合
白波 百合

ふむふむ。単純に必要なカロリーをバランスの取れた食事で摂取するのも大変すよね!そもそもそれを作る必要もあるっすよ?家事に慣れた人ばかりじゃ無いっすし、先輩みたいに料理しない人も居るっすから!

内海 青葉
内海 青葉

昔は上手に料理してたのにねー。まぁつまりはそういう事だね。理想的なカロリーは高齢者にとって普段生活する上で多すぎて、そして何よりバランスの取れた食事を作らなければならない。特に昔気質のお爺ちゃんにはとっても大変なんだよねー。ボクだって奥さんに頼りきりなのさー。

うへ?と白波は目を丸める。先生結婚してたんすねぇと驚きつつも、先輩が料理をしていたという事にも驚いた。そしてエプロン姿でキッチンに立つ山吹を白波は想像してクスクスと笑みを漏らす。

山吹 薫
山吹 薫

何を笑っているんだ?確かに必要とはあれど最初から必要なカロリーを摂取してください。と指導するのは必要な事だけども、その方の生活を鑑みると難しい事もあるでしょうね。そもそも福祉サービスを使用しつつ在宅で生活する方も多い。

進藤 守
進藤 守

それに食事形態を制限される人も居るしな。いきなり多くの食事を強要されるとやはり食欲は減ってしまう。だからと言って好きなものだけを食べれる訳でもない。

内海 青葉
内海 青葉

だから、一つの方法だけど、食事量を記録するという方法があるねー。記録しなくてもふとした時に思い出してみるのも一つ。何だか活気が無くなった時に、昔より食べる量が減ったなーとか、運動する量も減ったなーとか考える。そしてそこからが自分に対するリハビリだねー。少しずつ食事を増やしてみたり、ちょっとずつ運動を始めたり。リハビリはやってもらうものではなくて、自分でするものだって伝えるのさー。昔教えたでしょ?

白波 百合
白波 百合

先輩からそのセリフ聞いたっす!なるほど!まずはいきなり必要なカロリーや運動を開始するのではなく、昔の元気だった時の食事を思い出して、活気が無くなった時に比べてみるんすね!それなら簡単っす!そしてそれから自分を変えていくっすか・・・まずは段階的に指導する必要があるっすね!

そういう事ー!と内海は考え込んでいる山吹を眺める。その視線に隠された意図はまだ解らない。だけども何かを先輩に伝えようとしている。それだけは何となく白波にも解った。

白波百合のノート104

・必要なカロリーを摂取するのは多い場合がある。そしてその方がどうやってそれを摂取するのか、方法まで考える。

・いきなりではなく、まずは出来る事から。まずは元気だった頃の食事量を思い出して、少しずつそれに近付けてみる。

・内海先生は結婚してるみたいっす!お子さんはいるんすかねぇ。

【〜目次〜】

『内科で働くセラピストのお話も随分と進んできました。今まで此処でどんなことを学び、どんな事を感じ、そしてどんなお話を紡いできたのか。本編を更に楽しむためにどうぞ。

【総集編!!】

【これまでの話 その①】

【これまでの話 その② 〜山吹薫の昔の話編〜】

コメント

タイトルとURLをコピーしました