血圧測定の話 その① 〜そもそも何を測定するのか〜

血圧
山吹 薫
山吹 薫

という事で血圧とは何だ?

白波 百合
白波 百合

いきなりっすか!?。

白波は顎に手を当てふぅむと唸る。

白波 百合
白波 百合

心臓がぎゅっとなった時に出る血液っす。

山吹 薫
山吹 薫

医療従事者としては?。

波はムッと口を三角にする。山吹は文献から顔も上げずに尋ねた。

白波 百合
白波 百合

心臓が収縮することで拍出される血液の圧っす。

山吹 薫
山吹 薫

うん。収縮期血圧の事だね。血圧はそれだけを測定するの?。

白波 百合
白波 百合

そして拡張期の圧力は拡張期血圧っす。

山吹 薫
山吹 薫

ふむ。心臓が拡張していても血液が拍出されるのかね?。

白波 百合
白波 百合

・・・・・・?

首を傾げる白波。山吹はようやく顔を上げると唇を片方だけ上げ笑う。

山吹 薫
山吹 薫

心臓が拡張期の時に大動脈弁はどうなっているのかな?
そもそも拡張しているのに拍出されるのは変な話だね。

白波 百合
白波 百合

変な話っすね・・・。

白波は目に見えて肩を落としている。山吹はそれを横目で見る。

山吹 薫
山吹 薫

・・・という風にしっかり理解しないとこういう風に先輩にいじめられる事になるからしっかり勉強しないとね。

白波 百合
白波 百合

・・・・もう虐められてるっす。

白波の絞り出した小さな声は山吹には届かない。

山吹 薫
山吹 薫

まずは一番よく見る二つの血圧から勉強しようか。収縮期血圧の理解は一応はそれで良いよ。

白波 百合
白波 百合

はいっす。

山吹 薫
山吹 薫

正確には心臓から拍出される血液が血管を押し広げる力だから、これは一回拍出量になる。あくまで一回拍出量である事は覚えておいてね。

白波 百合
白波 百合

どう言う事っすか?。

山吹 薫
山吹 薫

一回拍出量であって、心拍出量を観ている訳ではないって事だよ。

白波 百合
白波 百合

・・・・・?。

白波は再び首を傾げる。山吹は構わず続ける。

山吹 薫
山吹 薫

そして拡張期血圧は、その名の通り心臓が拡張している時の血圧なんだけれど、”拡張された血管の収縮時に血液を押す圧力”なんだよ。

白波 百合
白波 百合

先生!イマイチよくわかんないっす。

山吹 薫
山吹 薫

先生では無い。心臓から拍出された血液が血管を押し広げるのがいわゆる
収縮期血圧だよね?

白波 百合
白波 百合

はい。心臓がぎゅっとした時に血管が広がる圧っす。

山吹 薫
山吹 薫

うん。そしてそれで広げられた血管は元に戻ろうとするから、その時に、
元に戻ろうとする血管に押された血液が、さらにその先の血管を押し広げる圧力が拡張期血圧ってこと。
だから心臓が拡張期でも、収縮していなくても血圧が測定できるんだよ。

ちょっと待ってください。と白波はそう言い両手の人差し指をそれぞれのこめかみに当てている。

白波 百合
白波 百合

心臓がぎゅっとして、出てきた血液の圧が収縮期血圧で、それでバッと広げられた血管がぎゅっと縮む時に出す圧力が拡張期血圧と言うことです・・・か?

山吹 薫
山吹 薫

まぁ。そんな感じだね。よく理解できました。

白波 百合
白波 百合

頭から煙出そうですけどね♪。

山吹 薫
山吹 薫

もっと言うと、一回拍出量に心拍数を加えて心拍出量とし、それに
更に末梢血管抵抗を加えて、初めて血圧の測定となる訳だけどね。

白波 百合
白波 百合

・・・今、ウチの事、褒めてくれたばかりっすよね!?。

山吹 薫
山吹 薫

褒めてはいないよ。収縮期血圧と拡張期血圧の理解が漠然だとこの先が理解できないからね。特に心不全の患者のリハをしている時なんか、運動負荷後に血圧が正常だとしても、何も考えていなければ平気でリハビリの結果として、心不全が増悪する。何て事も起こりかねないんだから。

白波 百合
白波 百合

それは・・・怖いっすね。

 

山吹は白波の目をまっすぐと見る。

山吹 薫
山吹 薫

それはとても怖い事だよ。なので次は血圧測定で何を考えるかを考えようか

白波 百合
白波 百合

・・・なんかウチが悩めば悩むほど喜んでません?。

山吹は何も答えず文献に目を落とす。

白波は先輩の弱みを早々に探さなければと考える。

~白波百合のノート②~

・収縮期血圧=心臓が収縮した時の圧力 

・拡張期血圧=押し広げられた血管が血液を押し出す圧力

・血圧が正常範囲内でも運動時には注意する。

・心拍出量(一回拍出量×心拍数)×末梢血管抵抗=血圧

・先輩の弱みを探す。

コメント

タイトルとURLをコピーしました